このたび、台風19号におきまして、多大なる被害を受けられた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。

一日も早く、少しでも復興しますように願っています。

体調が一番心配です。どうぞ、どうぞ、くれぐれもお身体にお気をつけて下さいますようにご祈念いたします。

 

 

認知症は、予防できます。

しかし、一人では中々難しいものです。

皆さんで、予防していきませんか。

私たちは、「簡単簡単・・・でも難しい・・・」という運動で、脳を活性化させるお手伝いを提供しています。

誰でもできる、みんなでできる認知症の一次予防。

始めるのに、早すぎることも、遅すぎることもありません。

人生100年時代になりつつある今、

「いつも通り、いつまでも」

元気のお手伝いをしてくれる「認知症予防レッスン」を始めませんか。

忘れたくない、忘れられたくない、双方の思いがあるから

私たちはこのムーブメントを起こしています。

今日の勇気を明日につなげるために、

一挙一動紡いでいきましょう。

 

 

みんなの認知症予防ネットのテーマ

誰もが住みやすい社会づくりのため

「みんなの認知症予防ゲーム」を通して、広く、一般の方に対して、誰もが住みやすい社会づくりのため、健康の回復、維持、増進に関する普及啓発、及び、認知症予防教室の企画、運営、開催等を行い、子供からすべての方がライフステージに応じた健やかで心豊かな生活のできる活力ある社会の実現に寄与していきます。

「みんなの認知症予防ゲーム」は、初めてお会いした方であっても、いつしか以前からのお知り合いかのように、気持ちがつながっていく、素晴らしいものです。

認知症になってもならなくても、いつまでも安心して住みやすい、過ごしやすい環境づくりを応援しています。

「みんなの認知症予防ゲーム」は、サロンやカフェ、自治会の集まり等で、脳活性化ケアゲーム、つながりゲーム、と様々な場面で活用されています。

 

「みんなの認知症予防ゲーム」を通して、自然に笑っていくので、無理なく、人と人とをつないでいきます。

 

 

 

2025年、65歳以上の5人に一人が認知症といわれています。そして誰にでも認知症は起こりうることです。今は、どなたでも、認知症の予防ができるようにと、急務に取り組まなければならない時代です。“みんなの認知症予防ゲーム”は、頭と体を同時に使う簡単なゲームが集約されているので誰でも取り組むことができ、驚くほどの効果をあげています。

 

私は要介護5認知症の義母を、夫と一緒に5年介護いたしました。介護にまつわる事件や事故などは、本当にどちらのお宅にでも起こりうることと、我が家でも実感しました。親を見送り、ホッとするのもつかの間、次は、夫婦間での介護が始まるケースの多いこと。また、晩婚化が進むにつれ、子育てと介護が重なっているケースも多くなりました。そんな中、もっとオープンに、心を、気持ちを発散できる場所、ご近所の方とも気持ちが繋がれる場所があったなら、どんなにみんなが安心できるでしょうか。

日本中で認知症予防に市民活動として、取り組んでいただけたなら、どれ程、希望をもって毎日を過ごしていくことができるでしょうか。その夢を夢で終わらせないために、皆さんと一緒に考え、日々、実践していきたいと切に願っていますまた、認知症予防のみならず、災害などに備え、地域のつながりの大切さも視野にいれ、いざというときの繋がりをも強化していくために、このゲームの必要性を深く感じるのです。

イメージ画像:みんなの認知症予防ネットのテーマ

みんなの認知症予防ネット活動のご案内

体験教室のご案内

リンク画像:体験教室のご案内

東京都を中心に、埼玉、山梨、長野、群馬など、各地で「体験教室」を開催しています。

詳細・ご連絡は、「体験教室のご案内」ページをご覧ください。

リーダー養成講座

リンク画像:リーダー育成講座
  • みんなの認知症予防ゲームの効果
  • 効果的なゲームの行い方
  • 認知症の知識
  • 20種類のゲームの行い方

などについて学びます。


2025年に向けて、今、私たちができること

「みんなの認知症予防ゲーム」は、予防のための脳のリハビリ訓練です。

「みんなの認知症予防ゲーム」と名付けられました「みんなの」とは、

認知症予防としてだけでなく、元気な高齢者、現役のサラリーマン、生きづらいと感じている方、事故後のリハビリ、子供から大人まで、どなたにも有効と感じるからです。

発達しょうがいの勉強会でも取り入れられています。精神疾患のピアサポートグループでも、ゲームで盛り上がっています。

 

予防のためのリハビリ訓練ではありますが、ゲームが終った後は、

知らない人同士だったのに、いつのまにか笑顔でつながっている!

そんなうれしい感覚を覚える方も少なくありません。

子どもから、大人まで、コミュニケーションをつなぐ、一つのツールとして

活用していただけます。

みんなの認知症予防ネット活動の様子
みんなの認知症予防ネット活動の様子
みんなの認知症予防ネット活動の様子

行政、地域、包括支援センター、高齢者支援センター、

社会福祉協議会の皆様へ

 

 

🌺写真は、新島村社会福祉協議会様での様子です。

🌺日本全国、出張させていただきますので、

 どうぞ、お気 軽にご相談ください。

 🌼神奈川県の相模原市で、介護予防リーダーの皆様を

  対象に開催させていただきました。

 

 

後日、担当の職員さんから「研修の後、さっそく資料をもとに参加者の方が活動をされています。その姿を見せたいぐらいです。本当にタイミング的にも良かったと思います。またお願いをさせて下さい。」と、嬉しいご報告をいただきました。

 

 🌺また、「みんなの認知症予防ゲーム」について、相模原市地域包括推進課 介護予防班様から、

 3年継続して、講座のご依頼を頂いています。

ここにきて、このゲームは、様々なステージへと広がっています。

このゲームは、様々なステージへと広がっています。

  • 認知症予防として
  • 親子、子供たち、ご近所さんのコミュニケーションの場づくりとして
  • 理学療法士の学びの一環として
  • 整形外科のリハビリの一環として

私たちと一緒に、ゲームをしながら、ワクワクした毎日を過ごしませんか。

 

 

 

 

一般社団法人みんなの認知症予防ネット
非営利活動法人
法人番号 501240500391

代表理事 加藤良江 理事 髙林實結樹

理事 左右田悦子

理事 後藤三佐子   

 

 

 

            

 

 


何百回やっても楽しい!

今まで、何十回、何百回、このゲームを行ってきたでしょう~。毎回楽しくて、時には、涙が出るほど大笑いして、お仲間さん(参加者さん)のカラーによって、毎回、新鮮です。

続きを読む


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この度、きらめき介護塾とみんなの認知症予防ネットは認知症予防の普及をより一層加速させるため、

事業提携を進めていくことになりました。

「みんなの認知症予防ゲーム」のリーダー養成講座は、シスターさん、トレーナーさんは、受講料が10%引きになりますので、お申し出ください。

 

きらめき介護塾のホームページはこちらから http://www.kirameki3.com/