みんなの認知症予防ネットのテーマ

誰もが住みやすい社会づくりのため

広く、一般の方に対して、誰もが住みやすい社会づくりのため、健康の回復、維持、増進に関する普及啓発、及び、認知症予防教室の企画、運営、開催等を行い、子供からすべての方がライフステージに応じた健やかで心豊かな生活のできる活力ある社会の実現に寄与していきます。

イメージ画像:みんなの認知症予防ネットのテーマ

みんなの認知症予防ネット活動のご案内

体験教室のご案内

リンク画像:体験教室のご案内

東京都を中心に、埼玉、山梨、長野、群馬など、各地で「体験教室」を開催しています。

詳細・ご連絡は、「体験教室のご案内」ページをご覧ください。

リーダー育成講座

リンク画像:リーダー育成講座
  • みんなの認知症予防ゲームの効果
  • 効果的なゲームの行い方
  • ゲームの道具の作製(楽譜等)
  • 20種類のゲームの行い方

などについて学びます。

今後の活動予定

リンク画像:今後の活動予定

交流会、練習会や体験会など、今後の活動予定についてご紹介しています。

詳しくは、「今後の活動予定」ページをご覧ください。


2025年に向けて、今、私たちができること

「みんなの認知症予防ゲーム」は、予防のための脳のリハビリ訓練です。

4人に一人・・・・862万人が、認知症を発症されるという時代は、もうすぐです。

みんなの認知症予防ゲームは、現状維持、認知症になりかけからの引き戻しが、可能です。

脳のリハビリ訓練のようなものです。予防のためのゲームです。

実際には、 MCIレベルの改善が87.3%という高い確率で、進行を食い止め、引き戻しも可能だと、厚生労働省には、「高齢社会をよくする女性の会・京都」が報告しています。

20種類のゲームを通して、優しさのシャワーの中、意図的な働きかけによって、人と人との繋がり、関わり、機能訓練など、自然に身に付いていきます。

人として、人に対しての思いやりや、優しくするという事、人として、大切な事をゲームを通して感じ取っていきます。

 

  • 認知症になっても、安心し希望をもって暮らせるように。
  • 認知症と診断されても・・明るく楽しみをもって過ごせるように。
  • 認知症になっても、人間同士声をかけあって、何の問題もない社会を。

 

このゲームを行うリーダーは、様々な年齢の方がおられます。

20代、30代、40代、50代、60代、70代、80代、・・・・そして、70代、80代のリーダーは、一人として、認知症になっていないのが、このゲームの素晴らしいエビデンスです。

みんなの認知症予防ネット活動の様子
みんなの認知症予防ネット活動の様子
みんなの認知症予防ネット活動の様子

ここにきて、このゲームは、様々なステージへと広がっています。

このゲームは、様々なステージへと広がっています。

  • 認知症予防として
  • 理学療法士の学びの一環として
  • 整形外科のリハビリの一環として
  • 親子のコミュニケーションの場づくりとして
  • 子供たちのコミュニケーションの場づくりとして

私たちと一緒に、ゲームをしながら、ワクワクした毎日を過ごしませんか。

一般社団法人みんなの認知症予防ネット非営利活動法人法人番号5012405003910代表理事加藤良江、理事髙林実結樹、理事左右田悦子

一般社団法人 みんなの認知症予防ネット
非営利活動法人
法人番号 5012405003910
代表理事 加藤良江、理事 髙林実結樹、理事 左右田悦子

何百回やっても楽しい!

今まで、何十回、何百回、このゲームを行ってきたでしょう~。毎回楽しくて、時には、涙が出るほど大笑いして、お仲間さん(参加者さん)のカラーによって、毎回、新鮮です。

続きを読む